金貨の種類と買取価格について

金貨の買取価格はいくらくらい?

突然ですが、皆さんは金貨に対してどんなイメージを持っていますか?

「貴重」「高価」「高額」などがあげられるでしょうか。

 

 

では次に、金貨の価値ってどれくらいかと言われたら、イメージできますか?

 

「お宝だから高いんでしょ?」とは思うかもしれませんが、具体的にどれほどの価値があるか、金額はいくらになるのかとなると、わからないという方がほとんどかもしれませんね。

 

まず、金の買取価格に関してですが、対象の金貨の品位重量さえわかれば、金の取引相場を基準に算出することができます。

 

金貨はその価値の性質が金地金に近いため、相続税などの税金対策として利用されることもありますが、実のところは金としての純粋な価値というよりも、コレクター品としての価値が大きく考慮されるものなのです。

金買取相場としての価値に、更にその金貨の貴重さに見合った金額が上乗せされ、取引・買取されています。

 

また、どれだけの価値が認められ、上乗せされるかというのは、その金貨の状態によっても大きく異なるのです。

もちろん、金貨の状態が悪ければ、その価値は下がり、買取金額も低くなってしまうわけですね。

 

 

また、上記の買取金額の算出は、ベースとして金の取引価格を用いるというケースですが、

昭和天皇御在位60年記念10万円金貨など、中には金の取引価格では価値を算出しない金貨も存在します。

例えばこの昭和天皇御在位60年記念10万円金貨の場合、金貨の重量は20gですので、金自体の買取相場で計算すると額面である10万円を下回ることになります。

ただ、コレクター品としては10万円以上になることは少ない金貨です。

この場合、金の重さから金相場で取引するよりも、単純に額面の10万円を銀行で引き換えてもらう方が良いと言えます。

 

金は金でも、形を変え金貨となると、その種類などによって価値の考え方は実に様々なのです!

そんな金貨の概要や価値、買取価格については、以下で詳しくまとめていますので、是非参考にしてみてください!
では早速、詳細の説明に移りたいのですが、その前に一つ注意点があります。

それは、これから出てくる金の価値や取引価格は、あくまでも目安であるということです。

上記でも少しお話ししているように、金貨の状態によっても価値や買取価格は大きく異なってなってしまいます。

ですから、もしも正確な金額知りたいということであれば、簡単かつ正確に知ることができる方法がありますので、試してみると良いでしょう!

 

 

ということで、まずはその方法からお伝えしていきますね♪

 

この金貨の価値はどれくらい?簡単・正確に知る方法がある!?

手元にある金貨の価値を、簡単・正確に知る方法・・・

 

 

それは、ずばり!

古銭買取業者にメール査定を依頼する!
たったこれだけでいいのです!

 

 

金貨の査定ですが、実はスマートフォンなどで撮った写真さえあれば、ほぼ確実な価値や買取金額を知ることができます。

 

状態によって価値が変動する金貨ですので、状態も確認することができるメール査定は、正確な価値を知る為に最も適している査定方法なのです!

そして正確性だけでなく、買取業者の問い合わせフォームから写真を送るだけですので、時間も手間もかからず、嬉しいことこの上ありませんよね!

 

特に、高価とされる金貨が手元にあるならば、まずはメールで正確に査定をしてもらう事をおすすめします。

 

 

ちなみに、査定してもらったら買取までお願いしなければならないのかというと、決してそんなことはなく、買取自体は気軽に断ることができますのでご安心ください♪

 

 

 

メール査定でおすすめの古銭買取業者は次のページを参考にしてみてください!

 

金貨の基本情報と価値

では、いよいよここから、皆さんの一番気になる金貨(日本国内で発行されたもの)の基本的な情報と価値、買取価格について説明していきたいと思います!

なお、上記でも説明した通り、金貨の価値や買取価格は状態により上下するため、ここで記載されている内容は「絶対」ではありません!

状態が悪いと価格は下がりますし、査定したタイミングやその時の金貨の需要にも影響されます。

 

「もしも状態が良ければこれくらいなのね」と、参考程度にご活用くださいね。

 

日本金貨の価値と買取価格

旧1圓金貨の価値と買取価格

旧1圓金貨
発行年度:大型-明治4~6年、小型-明治7年~13年
量目(重量):1.6667g
品位:金900,銅100(21.6金相当)
 日本の貨幣は基本的に古いほど価値が高くなります。
この旧1圓金貨は明治初期に発行されたものですので、量目の割に古銭買取の際の買取価格は一枚で2~3万円以上が期待できる古銭と言えるでしょう。
ちなみに、旧1圓金貨には2種類のサイズがありますが、量目は同じです。

旧二圓金貨の価値と買取価格

旧二圓金貨
発行年度:大型-明治3~6年、小型-明治8年~13年
量目(重量):3.3333g
品位:金900,銅100(21.6金相当)
旧一圓金貨と同様に、2種類のサイズが存在し、量目も同じなのが旧二圓金貨です。
量目は旧一圓金貨と比べ2倍程度で、状態にもよりますが古銭の買取価値も10万円以上が期待できるでしょう。
なお、旧二圓金貨は状態の他に年数(銘)によっても価値が変わってきます。

旧五圓金貨の価値と買取価格

旧五圓金貨幣
発行年度:大型-明治3~5年、小型-明治5年~30年
量目(重量):8.3333g
品位:金,銅
旧五圓金貨も上記の貨幣と同じくサイズが2種類あり量目ほぼ同じです。
同時期に発行された金貨の中では製造期間が長く、大・小型の発行枚数は合わせて1千万枚にも上るとされています。
年代や状態にもよりますが、古銭買取業者の買取価格は15万円以上が期待できるでしょう。

旧十圓金貨の価値と買取価格

旧十圓金貨
発行年度:大型-明治4~6年、小型-明治9年~13年
量目(重量):16.6667g
品位:金900,銅100(21.6金相当)
完全未使用の希少な状態であれば100万円を超える金額で取引された事例もるほど、旧十圓金貨は、この時期に発行された金貨の中でも価値が高い古銭です。
とはいえ、現実的にみると古銭買取業者による買取は、現在状態が良いもので20~40万円が相場とされています。

旧二十圓金貨の価値と買取価格

旧二十圓金貨
発行年度:大型-明治4~5年、小型-明治8年~13年
量目(重量):33.3333g
品位:金900,銅100(21.6金相当)
旧20圓金貨は明治3年に多く発行されていますが、発行されたのはわずか5万枚にも届きません。
発行枚数の多い明治3年銘の旧20圓金貨が最も安い買取価格になるのですが、それでも状態が良ければ200万円以上の値が期待できます。
更に明治3年銘以外の旧20圓金だとその価格は正に青天井!1,000万円に近い買取価格がつくこともあるのです。

新5円金貨の価値と買取価格

新5円金貨
発行年度:大型-明治30年~昭和5年
量目(重量):4.1667g
品位:金900,銅100(21.6金相当)
新貨幣とは、明治3年以降に発行された金貨と貨幣法で定められています。
必然的に時代が新しい金貨は古い金貨に比べ安くなります。
ですので、新金貨は旧金貨に比べ価値が低くなります。
それでも新5円金貨は、良いものであれば約10万円を基準に取引がされる価値の高い金貨と言えます。
発行枚数1,369,246枚と、発行期間が長い割にその枚数が少ないということが、新5円金貨の価値を押し上げているのです。

新10円金貨の価値と買取価格

新10円金貨
発行年度:大型-明治30年~明治43年
量目(重量):8.333g
品位:金900,銅100(21.6金相当)
量目が大きい金貨が高い価値になることが多いのですが、新10円金貨は新5円金貨よりも量目が大きいにも関わらず、同じくらいの買取価格となっていて、古銭買取業者での相場も大体10万円前後が目安です。
発行期間の短い新10円金貨ですが発行枚数は20,295,500枚で、これは新5円金貨と比べて、約16倍の枚数となっています。
そのため、新10円金貨と新5円金貨の相場は希少性の観点から同程度になっているのです。

新20円金貨の価値と買取価格

新20円金貨
発行年度:明治30年~昭和7年
量目(重量):16.6667g
品位:金900,銅100(21.6金相当)
新金貨の中では圧倒的に多い、50,895,491枚が発行されている新20円金貨は、量目が多いにも関わらず他の新金貨に比べ価値が劣ります。
買取業者では7~8万円前後が相場で、古銭としての買取価格が5万円を下回る査定であれば、量目の重さから金相場での買取を検討するほうが良いといえます。

外国金貨の価値と買取価格を紹介

メイプルリーフ金貨の価値と買取価格

メイプルリーフ金貨
鋳造年度:1979年~毎年発行
量目(重量):1,1/2,1/4,1/10,1/20トロイオンス(1トロイオンス=31.1g)
品位:金999(24金相当)
古銭買取業者のメイプルリーフ金貨の買取価格は、純金の買取相場-数百円×重量が目安とされています。
カナダで発行されているメイプルリーフ金貨は、カナダドルで法定通貨として額面通り使用することもできますが、実は地金型金貨であるこの金貨には額面以上の価値があります。
ですから、一般的には上記の計算式で買取価格が算出され、やり取りが行われているのです。
ちなみに重さには5種類あります。

クルーガーランド金貨の価値と買取価格

クルーガーランド金貨
鋳造年度:1892年~1900年
量目(重量):1,1/2,1/4,1/10(1トロイオンス=31.1g)
品位:金916,銅84(22金相当)
古銭買取業者のクルーガーランド金貨の買取価格は22金相場×重量が基準となっています。
現在5,000万枚ほど流通しているクルーガーランド金貨は、南アフリカ共和国で発行された
地金型金貨であり、1900年以降は限定品としてごくわずかしか発行されなくなってしまいました。
ちなみに、スプリングボックの絵が特徴の金貨で、重さは4種類あります。

ウィーン金貨の価値と買取価格

ウィーン金貨
鋳造年度:1989年~毎年発行
量目(重量):1,1/2,1/4,1/10(1トロイオンス=31.1g)
品位:金999(24金相当)
2004年に1枚1,000トロイオンスの金貨が15枚のみ発行されたことで話題になったウィーン金貨は、楽器の刻印が特徴的な、オーストリアで流通している地金型金貨です。
古銭買取業者によるウィーン金貨の相場は、メイプルリーフ金貨と同じ程度となっています。

カンガルー金貨の価値と買取価格

カンガルー金貨
鋳造年度:1986年~発行
量目(重量):1,1/2,1/4,1/10(1トロイオンス=31.1g)
品位:金999(24金相当)
カンガルーが印象的なこの金貨は、オーストリアで発行されている地金型金貨です。
コレクターの間でも人気が高く、古銭買取業者での買取価格も金相場より多少高くなっています。
ちなみに、カンガルー金貨がコレクターから高い人気を誇る理由は、裏面に書かれている
カンガルーのデザインが毎年変わるからです。

パンダ金貨の価値と買取価格

パンダ金貨
鋳造年度:1982年~毎年発行
量目(重量):1,1/2,1/4,1/10,1/20トロイオンス(1トロイオンス=31.1g)
品位:金999(24金相当)
ジャイアントパンダの絵が特徴的なこの金貨は、中国で発行されている金貨です。
パンダ金貨も上述のカンガルー金貨同様毎年デザインが変わる上、限定的に5オンスや12オンスの金貨も発行されています。
古銭買取業者の買取価格は、メイプルリーフ金貨より多少劣る額が相場です。

イーグル金貨の価値と買取価格

イーグル金貨
鋳造年度:1986年~発行
量目(重量):1,1/2,1/4,1/10(1トロイオンス=31.1g)
品位:金916,銅84(22金相当)
古銭買取業者のイーグル金貨の買取価格は22金の買取相場×重量が基準です。
1986年からアメリカ合衆国で発行されている地金型金貨を総称してイーグル金貨と呼びます。
純金でないことが特徴で、地金型金貨では珍しく22金相当の品位。
価値も複雑で、上記の計算式が基準とされてはいますが、コレクター用のプルーフ金貨であれば、更に高い買取価格が付きます。

インディアン金貨の価値と買取価格

インディアン金貨
鋳造年度:1907年~
量目(重量):1/2,1/4,1/8(1トロイオンス=31.1g)
品位:金900,銅100(21.6金相当)
古銭買取業者のインディアン金貨の買取価格は、およそ20金の金相場×重量が基準となっています。
アメリカ合衆国で発行されているインディアン金貨には3種類あり、これら3種類は重量とそれぞれに刻印されている絵が異なっていることが大きな特徴です。
1/2トロイオンスのインディアン金貨であれば、取引相場はおよそ60,000円前後が相場です。

ソブリン金貨の価値と買取価格

ソブリン金貨
鋳造年度:1817年~
量目(重量):7.98g
品位:金916,銅84(22金相当)
イギリスで発行されているソブリン金貨は、種類が非常に多く取引価値も一概に紹介し辛いため、古銭買取業者に査定依頼することをおすすめします。
発行枚数が多いことから地金型金貨に準じた価格取引をされていますが、地金型金貨でないことが特徴です。

バッファロー金貨の価値と買取価格

バッファロー金貨
鋳造年度:2006年~
量目(重量):1,1/2,1/4,1/10(1トロイオンス=31.1g)
品位:金999(24金相当)
アメリカ合衆国で発行されているこの金貨は、裏面にバッファローが刻印されていることが特徴的です。
アメリカ合衆国で初の純金貨であり、純金での取引が行われるため非常に高い金額でやりとりされています。
古銭買取業者ではメイプルリーフ金貨と同程度での買取を期待できるでしょう。

ナゲット金貨の価値と買取価格

ナゲット金貨
鋳造年度:1986年~1989年
量目(重量):1,1/2,1/4,1/10(1トロイオンス=31.1g)
品位:金999(24金相当)
古銭買取業者のナゲット金貨の買取価格は24金の買取相場-数百円×重量が目安となっています。
オーストリアで発行されているナゲット金貨は、カンガルー金貨の前に発行されていた地金型金貨であり、表面にはエリザベス2世の肖像が、裏面にはナゲットと呼ばれる金塊が描かれています。
24金の金貨で、カンガルー金貨やメイプルリーフ金貨と同じような計算式を目安に買取されています。

中国十二支金貨の価値と買取価格

中国十二支金貨
鋳造年度:1981年~
種類:100元,150元,200元,500元,1000元など
品位:22金、24金
中華人民共和国で発行されている中国十二支金貨は24金22金の2種類からなる地金型金貨です。
額面や図柄、形状も毎年異なるものが発行されていることが特徴ですが、最近発行された金貨であるため、ほとんどの場合地金の価格で取引されています。
年ごとのプレミアム価値もついていないものがほとんどです。

マン島キャット金貨の価値と買取価格

マン島キャット金貨
鋳造年度:1988年~2012年
量目(重量):1,1/2,1/5,1/10,1/25(1トロイオンス=31.1g)
品位:金999(24金相当)
 イギリス領のマン島で発行されているマン島キャット金貨は、毎年異なる猫の図柄が刻印されている地金型金貨です。
上記の理由からコレクターからの人気が高い金貨でもあり、特別セット等も販売されています。
需要が高い物であれば相場を上回る買取価格が付くことが稀にありますが、今日現在での価値としては、地金の価格で買取されることがほとんどのようです。